拓殖大学国際学部 甲斐ゼミナール

ゼミ紹介

Q.どんなゼミか?

A. 「国際関係、アフリカの紛争、アジアの民主化をテーマとするゼミです。東アジア諸国の「民主化」を専門とする私、甲斐信好が運営します。」

アフリカの写真1

■主な研究課題

日本は(私たちは、私は)どうやって生き残っていくのか。戦争・紛争はなぜ終わらないのか。一つの国が(民主化などで)政治的に変わっていくのはなぜか。

 
アフリカの写真2

■主な研究地域

タイ(第2の祖国と呼べるほど好きな国です)、シンガポールなどの東南アジア・東アジア。そして近年は、アフリカ(ルワンダ、ケニア、コンゴ民主共和国など)に力を入れています。

 

■ ゼミ運営の特徴・合宿など

学生の発表を中心に進めます。通常ゼミ(水曜5限予定)の他、適宜サブゼミも行います。1泊2日のゼミ合宿を、河口湖・清里で年2回(夏・冬)。自由参加で、ゼミ旅行(海外含め)、アフリカスタディツアー(夏休み)も実施しています。 新しい試みなど、学生からのどのような誘惑にも乗ります。

アフリカの写真
 

■ 使用教材

甲斐信好『プレステップ政治学』(弘文堂)/ 池上遼『そうだったのか現代史』(集英社)/『NHKテレビ DVDBOOK おとなの基礎英語』(主婦の友社)/ その他

なんのためのゼミか?

A.「『卒業生が幸せな人生を送ること』それこそがゼミの成果だと、9年間やってきて思います。私たちは何のために学ぶのでしょうか?」

私の答えは、「世の中で生き延びるため」です。
自分自身と世の中の現実を知ること。
その中でしっかりと生きていく自分を育てること。
この目的に必要不可欠な次の3つを提供するのが、ゼミの使命です。

アフリカの写真1

1. 自分を知ること

すべての学問の基礎です。(ちなみに、政治学は人間学です)

 
アフリカの写真1

2. 世の中のしくみを知る

基本的知識がなければ、世の中のことはわからない

 
アフリカの写真1

3. 仲間や先輩・後輩の
つながりを持つ

ゼミの財産は「人」です。(つくづくそう思います)

 
甲斐先生

■メッセージ

ゼミは学生がつくるもの(「やるのはあなた!」)ゼミはエネルギー補給の場、航空母艦です。素敵な先輩が待っています。基本的知識がなければ世の中のことはわからない(学ぶことにうるさいゼミです)。甲斐ゼミでは人の倍、広く、深く勉強します。めざせT字型(深い専門+広い教養)人間!「あなたは(人生で)何をやるのか」決めるのに、とてもしつこいゼミです。ゼミはファミリー、学生生活の中心だと思っています。

 

Q.ゼミの内容は?

A.「ゼミではどんなテーマを取り上げるか、何を学習するのか、どんなスキルが身につけられるのか、についてご紹介します。」

2年次

  • 2年次の目標は、政治・経済・国際関係の基礎を身につけること。
  • 英語を大切に考えています。
  • 日常のプレゼンテーション力を高めるトレーニングも行います。

取り上げるテーマ

”使用教材「プレステップ 政治学」”

  1. 政治学のテーマ ~ 権力(パワーとは)~
  2. 選挙とデモクラシー ~はじめての選挙~
  3. 議会と政治家 ~国会議員って何をしているの?~
  4. 権力分立と政治システム ~どうやってパワーをコントロールするか~
  5. 地方自治、地方分権 ~なぜ市町村は合併するの?~
  6. 政治過程、制作過程 ~誰が政策を決めているのか~
  7. リアリズムとリベラリズム ~世の中は暗い?明るい?~
  8. 国際政治学の誕生 ~なぜ戦いは止まないのだろう?~
  9. 宗教と国際政治 ~日本人は無宗教?~
  10. 国家の多様性 ~5歳までに3人に1人は死んでしまう~
  11. 開発と民主化 ~豊かさが先?自由が先?~
  12. 中国の民主化 ~巨大な隣人・その光と影~

3・4年次

政治、経済、社会からトータルに「いま」を理解することが目標です。 私(甲斐)は東アジア諸国(特にタイ)の民主化が専門です。最近はアフリカの紛争にも関心を持っています。他のゼミとの合同ゼミも実施。乾いたスポンジのように何でも吸収する気持ちで来て下さい。さまざまな活動を通して、自分を知り、将来を決めていきましょう。

Q.卒論のテーマは?

A.「先輩の卒論のテーマの一部を掲載します。自分で考え抜いて、私や仲間に相談して、本当にいろいろなテーマを選んでいます。優秀卒業論文賞、拓殖大学後援会論文、研究所論文など受賞論文がいっぱいです。」

アフリカの写真

■ 卒論テーマの例

  • 在中国朝鮮族の現状と未来―延辺朝鮮族の人口減少について
  • 砂漠防止のための植林活動―アジア研究会の活動を通して学んだこと
  • Female Genital Mutilation(FGM)
  • ガンジーとマザーテレサの比較研究
  • 学校における開発教育の課題と将来性
  • 喜びとしての育児―男性の育児休業を軸とした新しい家族の姿
  • 在日台湾人をめぐる考察
  • Gross National Happinessの真実―ブータンの哲学と戦略が目指すもの
  • 日本におけるハラルレトルト商品の必要性
  • 北タイ少数山岳民族と観光
  • アフリカと日本とメディア
  • 次世代のエジプト政治
  • ナイル川紛争から見る日本の水資源への問題意識
  • カンボジアにおける教育―キリング・フィールドの子供たち
  • シリアの進む道―「対テロ世界」の中の「テロ国家」
  • 埼玉県と在日外国人―地域で共に生きる
  • 久留米市の中心市街地活性化
  • 喘息減少に向けて
  • 民間軍事会社の可能性
  • 国を愛することの韓日比較研究
  • 国籍とは何か―ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン
  • フィリピン人介護士・看護師は日本で活躍できるか
  • なぜジャニーズは愛されるのか
  • 中国高度経済成長下の格差問題
  • 日本の自殺率が語ること
  • タイにおける都市・農村格差
  • アフリカ観光産業の可能性
  • 21世紀の共和国ネパール
  • コンゴ民主共和国に眠る希望
  • ルワンダのジェノサイドは本当に終わったのか  (その他多数)